読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコの鼻水の色や状態から分かる病気の種類と症状、対処法

ネコの鼻水が黄色や茶色、緑などの色や水の様なのか、ドロッとしているのかの状態から分かる病気の種類とどんな症状があるのか、ネコの鼻が詰まっている時はどうしたらいいのか?鼻水が出ても大丈夫な時はどんな時か、獣医さんに行った方が良い時は?などの対処法と自宅でできるケア方法についてまとめています

ネコの鼻水とくしゃみが止まらないときはこれをチェックしよう

f:id:sleepytake:20170413145956j:plain

ネコが繰り返しくしゃみをしたり、

鼻水が出ていたりするのは

それほど珍しいことではありません。

 

でも、鼻水やくしゃみをすることが長期間続く場合には、注意が必要です。

 

いつまで経っても症状が改善しない場合には、

「鼻水の色」と「呼吸」をチェックしてみてください。

 

鼻水の色が透明でないなら重い疾患の可能性がある

透明な鼻水が出ている場合は、

一時的に異物の混入などの可能性があります。

 

呼吸の仕方をチェックした時に

極端に苦しそうだったり、

ぐったりしたりしているのでないのであれば、

大慌てしなくても大丈夫な場合が多いです。

 

でも、鼻水の色をチェックした時に

膿が混ざって黄色や緑色になっている場合や

血が混じって赤くなっている場合には注意が必要です。

 

膿が混じってネコの鼻水が黄色や緑になっている場合には、

副鼻腔もしくは咽頭部で炎症が発生している可能性があります。

 

鼻水の色が赤っぽい、ピンクっぽいなど血が混じっているような場合は、

鼻腔内の粘膜を損傷していたり、

もしくは悪性の腫瘍ができている可能性があります。

 

こうしたケースは特に自然治癒を待たずに

できるだけ早くに獣医さんで検査を受けることがおすすめです。

 

ネコが鼻水が出て苦しそうに呼吸をしている場合はすぐに獣医師へ相談

鼻水の他にくしゃみだけが続いている場合は、

アレルギー性鼻炎や花粉症の可能性が高くなります。

 

もし、ネコが鼻水とくしゃみに加えて呼吸が乱れてきている場合は、

ネコウイルス性鼻気管炎を発症している可能性が高くなります。

 

この症状は放置しておくと徐々に悪化してしまい、

やがては脱水症状や呼吸困難といった重篤な症状を引き起こす場合もあります。

 

なので、呼吸が乱れていると思ったなら、獣医師へ診察に行くようにしましょう。

 

体を温めて免疫力を高めてあげよう

f:id:sleepytake:20170413150041j:plain

ネコが鼻水が出てくしゃみをするけど、

さほど深刻な症状は出ていないという場合には、

免疫力が高まるようにサポートしてあげるのもおすすめです。

 

例えば、ネコの体をホットタオルや湯たんぽなどで温めてあげたり、

栄養価の高い食事を与えたり…。

 

また定期的に柔らかい布やティッシュなどで鼻水を拭きとってあげるのも

顔の周りを清潔にしておくことで、ウイルスの繁殖を防ぐ点からもおすすめです。