読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコの鼻水の色や状態から分かる病気の種類と症状、対処法

ネコの鼻水が黄色や茶色、緑などの色や水の様なのか、ドロッとしているのかの状態から分かる病気の種類とどんな症状があるのか、ネコの鼻が詰まっている時はどうしたらいいのか?鼻水が出ても大丈夫な時はどんな時か、獣医さんに行った方が良い時は?などの対処法と自宅でできるケア方法についてまとめています

クリプトコッカス症とは何?原因と症状、治し方を学ぼう

 

f:id:sleepytake:20170415200818j:plain

人間と同じ様にネコも免疫力が低下するとさまざまな病気にかかりやすくなります。

なかでも注意ししたい病気として「クリプトコッカス症」があります。

 

クリプトコッカス症とは、

自然界に存在している真菌のひとつの「クリプトコッカス」によって引き起こされる病気です。

 

では、発症した場合には鼻水が出るほかにも症状が色々とあります。

鼻水以外の症状や感染原因、治し方について紹介したいと思います。

 

猫のクリプトコッカス症の原因

ネコのクリプトコッカス症とは、

真菌(カビ)の1種であるクリプトコッカスに空気感染によって発症する病気です。

 

クリプトコッカス症に感染するのは、ネコだけではありません。

人間も感染・発症する可能性があります。

 

鳩の糞の中から検出されることが多く、

主な感染原因として鳩の糞が有名です。

 

空気中に飛散した粉末状の鳩の糞を吸引してしまうことで感染します。

 

他にも腐敗した植物がある場所にもクリプトコッカスが増殖しやすく、

その近くを通ったことが原因で感染するネコもいます。

 

ただし、健康な状態であればこのカビを吸い込んでも影響を受けることはなく、

老猫や病気で免疫力が低下したネコが多く発症しています。

 

ネコのくしゃみや黄色い鼻水などに要注意

基本的な症状は「呼吸器系の異常」です。

くしゃみが頻繁に出るようになったり、

鼻水に血や膿が混じるようになったら要注意です。

 

症状が進行してくると、鼻の中や目の周りにしこりや肉芽腫ができるようになり、

さらに悪化すると肺炎や髄膜炎を併発する可能性があります。

 

また神経系が侵されるとバランスを保つことができなくなくなるので、

きちんと座っていられなくなったり、

ぐるぐると同じ場所を回ったりするなどの症状が見られるようです。

 

ネコのクリプトコッカス症の一般的な治し方

f:id:sleepytake:20170413104204j:plain

獣医さんで病理組織の検査をしてクリプトコッカス症と判断された場合には、

高真菌剤を用いた治療が行われます。

 

また、抗炎症薬を投与して呼吸器系の炎症がこれ以上広がらないようにします。

 

もし肉芽腫が呼吸を妨げているようであれば、

切除手術も行われる場合もあります。

 

治療後は再発を防ぐため、

鳩がいる場所に近づけさせないか、

自由に外出していた場合には完全室内飼いにすることがおすすめです。