ネコの鼻水の色や状態から分かる病気の種類と症状、対処法

ネコの鼻水が黄色や茶色、緑などの色や水の様なのか、ドロッとしているのかの状態から分かる病気の種類とどんな症状があるのか、ネコの鼻が詰まっている時はどうしたらいいのか?鼻水が出ても大丈夫な時はどんな時か、獣医さんに行った方が良い時は?などの対処法と自宅でできるケア方法についてまとめています

ネコの鼻水と鼻づまり

ネコの鼻水の色や状態から分かる病気の種類と症状、対処法

ネコの気管支炎が起こる原因と症状、治し方について

f:id:sleepytake:20170417124908j:plain

ネコの鼻水が出ている原因として考えられる病気のひとつに

ネコの気管支炎があります。

 

気管支炎と鼻水というと関係がなさそう…なのですが、

ネコの気管支炎の症状のひとつに鼻水があります。

 

 

 

気管支は気管と肺胞をつなぐ部位で、

呼吸機能を支える重要な役割を果たしています。

 

チューブ状になっている気管支は

粘膜と筋膜、無数の毛細血管と軟骨で構成されていて、

肺が酸素と二酸化炭素の交換をスムーズに行うことができるようサポートしています。

 

「気管支炎」とは、この気管支に炎症が発生して、

チューブ内が狭くなってしまった状態をいいます。

 

ではネコの気管支炎を引き起こす原因とは何でしょうか。

またどんな治し方が一般的でしょうか?

 

ネコが鼻水を出す気管支炎の原因は?

ネコの気管支炎はクラミジアなどのウイルスやマイコプラズマなどに感染することによって多く発症しているようです。

 

感染経路としては、外出した際に空気感染してしまうことが多いと考えられています。

 

またもう1つの原因として考えられているのは、

私たちが使用している洗剤などに含まれる化学物質です。

 

例えば、トイレ用の洗剤やカビ取り用の洗剤から揮発した成分を吸い込むことで気管支炎になるケースは少なくないようです。

更に煙草の煙を吸い込んだことで気管支が炎症を起こしてしまうこともあるので

愛煙家の飼い主は注意が必要です。

 

ネコの気管支炎の主な症状

ネコの気管支炎の主な症状は乾いた咳です。

激しく咳こんだ時に刺激で嘔吐もする場合もあります。

 

その他には咳の症状と一緒に鼻水が出たり、

涙や熱が出る場合もあります。

 

また食欲が低下して、元気がなくなり遊ぶ時間が大きく減ったりという症状もみられる場合もあります。

 

さらに症状が悪化すると、胸を触られるのを嫌がるようになる場合もあります。

 

ネコの気管支炎の治療

f:id:sleepytake:20160812164212j:plain

ネコの気管支炎の一般的な治し方は、

炎症の拡大を抑える抗生物質ステロイド剤、および気管支拡張剤の投与です。

 

もし気管支がほぼ詰まってしまっている場合には、

薬剤をパウダー状にして吸入しやすくする喘息患者向けの機械「ネブライザー」を使用することもあります。

 

再発を防ぐためには、家を清潔に保ち、

掃除をする時に使用する洗剤に注意して、

ネコの体に負担とならないものを選ぶことがおすすめです。