読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコの鼻水の色や状態から分かる病気の種類と症状、対処法

ネコの鼻水が黄色や茶色、緑などの色や水の様なのか、ドロッとしているのかの状態から分かる病気の種類とどんな症状があるのか、ネコの鼻が詰まっている時はどうしたらいいのか?鼻水が出ても大丈夫な時はどんな時か、獣医さんに行った方が良い時は?などの対処法と自宅でできるケア方法についてまとめています

ネコの結膜炎が起きる原因と症状、治し方を学ぶ

f:id:sleepytake:20170413143052p:plain

ネコが鼻水を出している場合に考えられる病気のひとつに「結膜炎」があります。

 

結膜炎は強いかゆみが伴うので

ネコはよく前足で目を擦るようなしぐさが見られます。

 

ネコが結膜炎になる原因は何か、

一般的な治療法はどうするのかについて紹介したいと思います。

 

ネコが結膜炎を引き起こす原因

ネコの鼻水の原因のひとつに結膜炎にかかっている場合があります。

 

ネコが結膜炎にかかる原因のひとつには「ウイルス感染」があります。

ネコ風邪と言われるカリシウイルスやヘルペスウイルスによるウイルス感染や

クラミジア感染、マイコプラズマ感染などが原因で炎症を引き起こします。

 

他にも「異物の混入」が原因の場合もあります。

伸びすぎたまつ毛が結膜を刺激して発症することもあれば、

雑菌が付着したほこりや砂が結膜に付着して炎症を引き起こすこともあります。

 

顔をやたらと擦りつけるようになったら危険信号

結膜炎になると、ネコは大抵かゆさから顔をあちこちに擦りつけるようになります。

前足で頻繁に目の周りをこすったり、床に目の周りをすりつけるようになったら要注意です。

 

ネコの結膜炎の初期の症状としては「涙がずっと出ている」「目やにがついている」といったものがあります。

 

症状が進んでくると、眼球は真っ赤に充血してきて、子猫の場合は目やにで目が開かなくなるケースもあります。

 

ネコが結膜炎の時に鼻水が出る症状は

ヘルペスウイルスなど呼吸器感染症から結膜炎を引き起こした場合に見られるようです。

 

ネコの結膜炎の治療法・予防と注意点

f:id:sleepytake:20170415191049j:plain

ネコの結膜炎の一般的な治療法は

点眼剤がメインになるようです。

 

結膜炎を引き起こした原因に合わせて

抗生物質や抗ウイルス薬の点眼剤で治療を行います。

 

他にも、異物が入っている場合には

ホウ酸を溶かした純水で目の周辺や目をして取り除いたり、

目の周りの毛をカットすることもあります。

 

また、ネコがどうしても目を擦ってしまう場合には

エリザベルカラーをつける場合もあります。

 

 

注意点としては、

もし、結膜炎の原因が伝染性の場合には、

獣医さんから指定された期間は他のネコと接触しないようしたり

飼い主も手や衣服を消毒する必要があります。

 

また、自己判断で人間用の目薬を使用しないようにしましょう。

 

ネコが結膜炎にならない為の予防として

定期的なワクチン接種と完全室内飼いがおすすめです。