読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコの鼻水の色や状態から分かる病気の種類と症状、対処法

ネコの鼻水が黄色や茶色、緑などの色や水の様なのか、ドロッとしているのかの状態から分かる病気の種類とどんな症状があるのか、ネコの鼻が詰まっている時はどうしたらいいのか?鼻水が出ても大丈夫な時はどんな時か、獣医さんに行った方が良い時は?などの対処法と自宅でできるケア方法についてまとめています

ネコの鼻水が黄色ならこの病気を疑おう

f:id:sleepytake:20170413145956j:plain

ネコの体調を図る目安となるのは「くしゃみ」と「鼻水」と言われています。

 

特に鼻水は体調不良のサインというだけでなく、

心疾患や呼吸器系疾患を見極める助けともなります。

 

では、鼻水が大量に出ていて、

色が黄色い場合はどんな病気を持っている可能性があるでしょうか。

 

鼻水が黄色くなっている原因を見極めよう

鼻水の色が透明の場合には

異物の混入やアレルギー反応といった原因が考えられます。

 

でも、ネコの鼻水の色が黄色くなっている場合は

どこかの部位で炎症が発生して、

そこから膿が排出されている可能性があります。

 

この症状が長期間続くと、

次第に膿の量が増えてきたり、

ネコの鼻水の色が緑色っぽくなってきます。

 

病気の重症化を防ぐために

獣医さんで治療を受けて適切な処置を早めに行う事がいいと思います。

 

ネコの鼻水に膿が大量混じっている場合は

ネコの鼻水に膿が混じり、黄色くなっていて

膿の量が非常に多い場合には炎症は副鼻腔もしくは咽頭部で広範囲に渡って広がっている可能性があります。

 

これを放置すると慢性副鼻腔炎や慢性気管支炎になってしまう恐れがあります。

 

副鼻腔炎の場合、抗炎症剤で抑えることもあれば、

外科的処置で完治を目指すこともできます。

 

慢性気管支炎の場合は、抗炎症剤と抗生物質で治療を行います。

治療が遅れると腫れが異常に大きくなったり、

膿が鼻腔内部で固形状になってしまったりして、

呼吸困難になることがあります。

 

もしネコが鼻水以外にも開口呼吸をしている様子の場合には、

病気が進行している可能性が高くなってしまいます。

 

ネコが鼻水以外に熱や食欲がなくなっている場合

ネコの鼻水が黄色の場合には虫歯や歯周病が原因の場合もあります。

 

虫歯や歯周病が悪化して歯ぐきに大量の膿がたまってしまい

それが鼻水と混ざって黄色くなる…ということもあります。

 

この場合、歯ぐきから喉にかけてたまっている膿を取り除くという

かなり大がかりな処置が必要となります。

 

もし食欲が一気になくなったり、

熱が何日も続いたり、

鼻だけでなく口からもかなりきつい匂いがしていたら

できるだけ早いうちに獣医さんに相談して判断を仰ぐことがいいと思います。