読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコの鼻水の色や状態から分かる病気の種類と症状、対処法

ネコの鼻水が黄色や茶色、緑などの色や水の様なのか、ドロッとしているのかの状態から分かる病気の種類とどんな症状があるのか、ネコの鼻が詰まっている時はどうしたらいいのか?鼻水が出ても大丈夫な時はどんな時か、獣医さんに行った方が良い時は?などの対処法と自宅でできるケア方法についてまとめています

猫の鼻づまりがひどく呼吸が大変そうな場合

f:id:sleepytake:20160708202337j:plain

猫が鼻づまりになるのはさまざまな原因あると言われています。

 

例えば、ハウスダストや小さな虫が鼻の中に入り込んでしまったことで

鼻腔が詰まってしまうこともあれば、

ポリープができてしまったために気道がふさがれて呼吸困難になることもあります。

 

また、蓄膿症が悪化して膿が大量に出てきたために

ネコが鼻づまりになることも少なくありません。

 

もしネコが鼻づまりが原因で呼吸困難になってしまった場合には

どんな処置をすぐに施す必要があるのでしょうか?

 

 

ネコの体と鼻の周りを温めて気道を確保

ネコの鼻から出るブーブーという音が

少し離れた場所からでもはっきりと分かるほど大きくなってきたなら、

呼吸は相当きつくなってきている可能性が高いです。

 

その場合には気道を確保するために

すぐ鼻の周りおよび体全体をホットタオルなどで温めましょう。

 

鼻水や鼻くそが原因でネコの鼻が詰まってしまっているなら、

上記の処置でかなり症状は改善するはずです。

 

ただしゆっくり時間をかけて温めないと

猫の体にかなりの負担がかかってしまいます。

 

なのでドライヤーなどで強引に温めるのは避けた方がいいと思います。

 

スポイトでネコの鼻から可能な限り鼻水を除去

次に猫の鼻から鼻水がでてきたら

ぬるま湯に浸したガーゼやコットンなどで綺麗に拭いてあげましょう。

 

継続的に出てくるようなら、

赤ちゃん向けの鼻水除去用スポイトを使ってすっきりさせてあげる…というのもおすすめの方法です。

 

ネコの鼻の付け根から鼻の穴にかけて指の腹で優しく押してあげると、鼻水が出やすくなります。

 

注意点としては鼻水に膿や血が混ざっている場合は、強く押さないことがあります。

 

ネコの鼻づまりの原因を探るために

応急処置をしてもネコの鼻づまりがまったく改善されず呼吸困難が続く場合は、

問題の根本原因は鼻腔内のポリープあるいは肺や心臓などの疾患である可能性があります。

 

口で呼吸するようになっていれば、かなり危険な兆候の可能性があります。

ですから早めに獣医さんに相談して細かな検査をしてもらうことがおすすめです。