読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコの鼻水の色や状態から分かる病気の種類と症状、対処法

ネコの鼻水が黄色や茶色、緑などの色や水の様なのか、ドロッとしているのかの状態から分かる病気の種類とどんな症状があるのか、ネコの鼻が詰まっている時はどうしたらいいのか?鼻水が出ても大丈夫な時はどんな時か、獣医さんに行った方が良い時は?などの対処法と自宅でできるケア方法についてまとめています

猫の鼻づまりはどうやって治療するのが一般的か?

f:id:sleepytake:20170420182201j:plain

猫の鼻づまりがなかなか快方に向かわない時、

大抵の飼い主は動物病院で診察を受けさせます。

 

獣医師はどんな方法でネコの鼻づまりを治療するか気になりますよね。

キーワードは「鼻づまりの原因」です。

 

ネコの鼻づまりの原因がアレルギー性鼻炎副鼻腔炎の場合

獣医さんが鼻づまりの原因を確認する時には

鼻水の採取とレントゲン撮影を行い原因を確認します。

 

ネコの鼻水に膿が多く含まれているなら、

鼻腔あるいは副鼻腔内で何らかの炎症が起きていると判断して

抗炎症剤を処方するようです。

 

ネコの鼻水の原因がアレルギー性鼻炎の場合には

抗アレルギー薬を処方して鼻水の症状を抑えるようにします。

 

加えて、鼻の周りを優しくマッサージすることで鼻の通りを良くし、

症状改善がみられるかどうかを確認します。

 

ネコの鼻づまりの原因が腫瘍の場合

ネコの鼻水に血液が含まれている場合には、

レントゲン撮影を行って出血の原因を探ります。

 

その検査結果で鼻腔内に腫瘍があることが分かったら、

腫瘍の一部を採取して良性・悪性の判断を行います。

 

もし悪性腫瘍、つまりガン細胞であることが分かったら、

猫の年齢と体力に合わせて、

抗がん剤治療もしくは外科的治療のどちらかを選択することになります。

 

年齢が高い猫(老猫)の場合は悪性のリンパ腫が原因となって鼻づまりになることが多く見られるようです。

 

 

ネコの鼻づまりを鼻腔洗浄で症状改善

ネコの鼻づまりの原因がはっきりと分からない場合や

炎症が広範囲に広がっている場合には、

鼻腔洗浄を実施することがあります。

 

鼻腔洗浄のメリットは「鼻づまりの原因が確実に分かること」で

治療法や投与する薬剤などもはっきりと見定めることができます。

 

ただし鼻腔洗浄を行うためには、猫に全身麻酔をかける必要があるため

体にかなりの負担がかかります。

 

なので、ネコを鼻腔洗浄する場合には年齢と体調を考慮した上で

実施するかどうかの判断されます。